中野でポートレート撮っていただいた。

お世話になってるカメラマンのぐれさんと11日くらいに、ぐれさんのお知り合いさんのカメラマンさんの写真展に行ってきました! 展示の枚数はおっきいパネルが3~4枚くらい、衣装が一点、モニタで流れてるスライドショーと少なかったのですが、すごく綺麗で雰囲気持出ていて、レイヤーとして、写真に関わるものとして、ものすごく大きな刺激を受けました。いつかこんな展示に私もかかわってみたいなw

そのあと中野でうろちょろしつつポートレートへ突入。正直こういうのって初めてだったのですけど、コスプレとは全く違って、これといって特徴のない姿で被写体になるのは予想以上に難しかったです。せっかくのポートレートなのにお化粧ミスりまくりで申し訳ない;

「いざ! れっつ写真展♪」
hara1.jpg

「ちょ! ファティマじゃないの! てかすごいエナメ(ry」
hara2.jpg

「感動したけど雨の勢いやばいwww」
hara3.jpg

「いつもと違う気分で中野に参上ゆうこびじゃ!」
hara4.jpg

「エナメルのブーツだぞ! てかてかなんだぞ!」
hara5.jpg

「いつのまにやら夜ほー」
hara6.jpg

「なんか学校の怪談一作目の花子さんが歩いてるシーンみたいなの」
hara7.jpg

「中野にはもう何回来たかわからないけど、ふだんはこっちのほう来ないわ」
hara8.jpg

「というわけで、さようなら♪」
hara9.jpg

ちゃんちゃん♪


「細い? 細いのかこの脚は細いのか??」
hara10.jpg
スポンサーサイト

そんなことを言ってみろ・・・オリハクサマヲムッコロス!!!

テレコムで仮面ライダーブレイドの相川始さんやってたー。ぐれさんからお写真をいただいたので日記更新。

合わせの予定が着々と進んでるけど、それに先駆けてピンでやってきました。
P1420631.jpg
P1420639.jpg

実写キャラはもともとの中の人がイケメンすぎるし、これと言った特徴も少ないので表現が難しいよね。始さん変身ポーズも無いし、ベルトがなかったら誰?ってなるし、派手の化粧もできないのでなかなかw
P1420789.jpg
P1420806.jpg
P1420984.jpg

ほかの参加者がいなくなった隙にちょうがんばってヒューマンアンデッドwww やせすぎててキメエwww
P1420675.jpg


剣崎「おまえがライダーってこと、あまねちゃんに言うぞ!??」
20101231151319346.jpg
「そんなことを言ってみろ・・・」
P1420660.jpg
「オリハクサマヲムッコロス!!!」
P1420691.jpg

同行してくれたよたさんは東方のマエリベリーやってた。くっそかわいいな。
P1420578.jpg

クロウくんはカブトの天道。次はザビーゼクターもってって景山と合わせしてもらうんだー♪
P1420395.jpg

二人が着替えて二人で一人の仮面ライダー。安定してるな。
P1420785.jpg

ライダーコスですがウィザードの晴人、カブトの景山、Wの照井と準備中です。切実に合わせ募集してますwww

てなわけで、テレコムセンターでした。
P1420689.jpg


ぐれさんのサイト 掲載していただきましてありがとうございます!
http://2gb2.com/osabishi/images/130512/index.htm

究極合体怪獣 ギガキマイラ

「大決戦!超ウルトラ8兄弟」

giga1.jpg

giga2.jpg


ウルトラマンメビウスの人気に平成三部作のティガ、ダイナ、ガイアの光の戦士シリーズも無理やりくっつけてしまおう! みたいなノリで「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」の二年後に公開されたのですが、残念ながらウルトラファンの間で非常にがっかりなレッテルを張られることになってしまったこの映画。その劇中に登場した物語の中枢を担う巨大怪獣こそが「究極合体怪獣 ギガキマイラ」でした。過去にグランドキングやタイラントといった芸術的合体怪獣を産出してきた円谷製作陣営ですが、このギガキマイラは本当にぶっとんだセンスのデザインで、はっきり言ってしまうと、非常にダサいです; そんなダサさすら時が経つと愛着が湧いてしまうわけですがw

デザインはかつてティガを苦しめたシルバゴンとゴルドラス。初代マンでもお馴染みのゲスラ。セブンのラストを華々しく飾るパンドン。エースを含めたウルトラ兄弟をギリギリまで追い詰めたヒッポリト星人。キング化したそれぞれ5体の頭部を中心とした部位によって形成された、完全無欠の巨大合体怪獣です。あまりのデザインのダサさに落胆してしまい、当時ギガキマイラ以外の5体単体のソフビは見送ったのですが、いちおタイトルの流れとして購入したギガキマイラ自体も、果たして3000円近くのお金を払う価値があったのかと疑問に思えてしまうほどの造形でした。

giga4.jpg
giga3.jpg
giga5.jpg
giga8.jpg
giga6.jpg

もともと考案当初は「アルティザウラー」という名前の巨大怪獣ですが「より分かりやすく」という意見を元に、このデザインに落ち着いたそうです。デザインは100歩譲るとしても、ソフビとして、映画を代表する怪獣としてのメイン怪獣が通常のスタンダードシリーズとほとんど変わらないこの小ささは本当にいただけない。前回のUキラーザウルスに対して遙かにインパクトの欠けるサイズ、両腕部位の情けなさ、統一感の無さと、もう少しなんとかできたのではないかと思ってしまいます。


ダンディー4に対してのフジ隊員、アンヌさん、アキちゃん、夕子。平成三部作を築き上げた三人の主人公達によう夢の共演、冒頭の当時さながらの演出と、昔ながらのウルトラファンとしては実はかなり見どころ満載な映画なので、「この作品はこういうものなんだ」と割り切って見てみると案外おもしろかったりもするのですけどね。

giga7.jpg

いまさらですがわたしのGW。

今年のゴールデンウィークは運よくお休みが重なったので遊びまくってまいた! ひさしぶりに遊戯王オフしたけど、一か月も放置してるうちに環境ががらりと変わっててびっくりΣ あいかわらずクソチートゲロカスキンタマな炎星にぼっこぼこにされたり、なにがなんでもオピオン出したりしてました。自分の中ではガチで現時点最強メインデッキのギミックパペットがそこそこな勝率できゃっほいだったり。それでもガチ環境には歯が立たなくて、ヴェルズorブラスター入りのラヴァルでなんとか喰らいついて一矢報いれるレベル; だがしかしブルーアイズまでは新デッキ作らない!

そいで双葉ちゃんねるで知り合った女装つながりの方々とオフしたり。割とショックだったのですけど、わたしフォトショレイヤーじゃないんで。 使ったことはおろか、導入すらもしたことないです。フォトショ使うのが悪いとは思わないし、そういう表現の仕方もむしろアリだと思いますけど、わたしは自分がもてるスキルでがんばりたいレイヤーです♪

EPさんのおうちにもお邪魔しました。ビーストサーガって初めてちゃんと見たけど、けっこうよくできてたなーと。なんとなくバイオ・パズラー思い出しました。

あゆむさんとこのあゆむバーにも顔を出させていただきました。その日はふつうの男モードだったのですが、ほんとうに女装していけばよかったと後悔してます;
depa8.jpg

そんな後悔を胸に、翌日は女装して中野散策したりしました。
depa1.jpg

散々探しまわったのですけど、なぜかウィザードのプリーズリングが売ってない; ヒロインのコヨミが指につけてるしコスにも使えるし、けっこう手に入りづらいのかーw

女装と言えばエナメル。エナメルと言えばデパートメントH。まあ、よくわからないこと言ってごめんなさいなんて思ってないですけど、AKBのビギナーのコスしてました。この衣装が予想以上にデパに合ってて沢山声をかけたり告白されたりしました。きれいなエナメルお姉さんに「すごく興奮します! 触らせてもらってもいいですか!?」て聞いたらすんなりエナメルやらおっぱいやらを触らせてくれるのがデパクオリティー。
depa2.jpg
depa3.jpg

あいかわらずのデパ。その上ゴムの日ってだけあってかつてない混み具合でした。ラバーさん達もクオリティー高くなってたなw
depa5.jpg

そんな混沌と化した会場の端っこで一夜にしてゲルググのマスターグレードを完成させる我が友めいでん閣下がだいぶキテました。
depa4.jpg

なんか今回終わる時間も遅くて6時過ぎとかでした。デパで仲良くなった皆様とアフターで朝からやってる定食屋さんへ。すっごくまずかったです。
depa6.jpg

あとはおうちの掃除したり、フィギュアを並べ替えたりしてわたしのGWはカタストロフィーを迎えました。ちゃんちゃん♪
depa7.jpg

デパ後はお化粧落ちまくりでしたけど気合で帰宅。きめえwww

ゼブラチームのメンバー紹介 「最終回 ~技巧~」

・浪曼堂 キン肉マンシリーズ


技巧


「技ではこのゼブラチームの方が遙かに上だ!!!」

ゼブラチームのメンバー紹介 「第五回 ~キン肉マンゼブラ~」

~フフフ・・・オレは昔、超人ボクシングのスーパーヘビー級のチャンピオンだったのだ~

「キン肉マンゼブラ」
ゼブラ01
ゼブラ02

出身: ナミビア
年齢: 24歳
身長: 220cm
体重: 154kg
超人強度: 1億パワー
必殺技: セイント・マッスル・パンチ、メフィスト・パンチ、サバンナ・パンチ、サラブレッド・アッパー、残虐技キャンバス・プレッサー、マッスル・インフェルノ


運命の王子たちの中でも特にストレートな人気を誇るゼブラです。ラスボスのフェニックス、初戦でかつ偽の技を披露したマリポーサ、実の兄にこてんぱんにされて早々と退場した残虐、完全に噛ませ犬扱いだった強力と比較してみると、準決勝でかつまともにスグルチームとぶつかり、そこそこの強さを見せつけつつも、当り前のような設定で敗北した、言わばふつうの悪役らしい悪役なポジションだからこその人気だと思います。ボクシングをバックボーンとした設定もありそうでなかった設定ですよね。貧困さからのハングリー精神を持つマリポーサとは逆に、徹底的に金への執着心を貫き通しているのも、なかなか味のあるキャラ設定だと思います。ゼブラの設定を見ていつも思うのですけど、意外と身長が高いんですよねw ブラックゼブラと化した時の身長が220㎝なのか、通常時で220㎝なのかいまいち分かりませんが、とにかくデカいんですね。

ゼブラ&パルテノン

アシュラマンとサンシャインのタッグバランスとも似てますが、ゼブラとパルテノンのタッグもキン肉マン屈指のタッグチームと思います。パルテノンのシングル戦はもっと見てみたかったですね。原作でちょろっとラーメンマンにギロチンドロップをしかけて、彼のシングル戦は終わってしまいましたから。どんな戦い方をしたのでしょうか。タッグマッチになってからはゼブラと比べるとほとんどタッグ専用の技しか出しませんでしたし;

究極超獣 Uキラーザウルス

「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」は今でもウルトラ映画史上最高の超名作だと思ってます。「ウルトラマン」から繋がったウルトラ光の国シリーズ全ての思いを受けた「ウルトラマンメビウス」の本放送を経て、実現したウルトラ兄弟との共演。ダンディー4の出演と、古くからウルトラと歩んできたわたしのようなウルトラマニアにとっては今もなお最高の映画として刻まれているのではないでしょうか?

そんな作品のメイン最強怪獣として十分にふさわしい造形と強さを持った「究極超獣 Uキラーザウルス」のソフビ、の重塗装版とも言えるソフビがこちらです!


・トイザラス限定セット




U12.jpg
U08.jpg

通常版よりも劇中に近い塗装が施されただけあって、重厚感が半端ないですね。エースキラーを参考にしているデザインだそうで顔なんかはエースキラーっぽさが良く出ています。

U01.jpg
U03.jpg
U05.jpg
U10.jpg
U11.jpg
U14.jpg

U02.jpg
U16.jpg
U17.jpg

超獣と言えばヤプールですよね! 2006年に発売されたメビウス版の巨大ヤプールを隣に並べると良い感じです。

U06.jpg
U07.jpg

当時はスルーしたのですが、劇中で登場したナックル星人、テンペラー星人、ガッツ星人、ザラブ星人も揃えたいですね。月日が流れていくぶん「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」の衝撃が大きくなっているようですw

U13.jpg
プロフィール

ゆうこびじゃ

Author:ゆうこびじゃ



おはこんばんちわ。 ゆうこです。

女装コスプレイヤー
おうどんとカルピスはガチ
楳図かずお先生伊藤潤二先生
ディズィーはわたしの嫁
好きな超人はミキサー大帝

アーカイブにも写真のっけてます。
コスプレ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ